「まちだで好きを続ける」|町田市シティプロモーションサイト

「まちだで好きを続ける」|町田市シティプロモーションサイト

LET’S GO! ZELVIA!

現役引退後もゼルビアの
アンバサダーとして活躍する
太田宏介さんにインタビュー!

更新日:2024.05.01

太田宏介さん              FC町田ゼルビア アンバサダー

   

現在はFC町田ゼルビアのアンバサダーとして活躍している太田宏介さん。当サイトに前回登場していただいてから、所属チームのJ1昇格、自身の選手引退とまさに激動のシーズンを過ごしました。今やクラブチームの宣伝担当という重責も担う太田さんに、FC町田ゼルビアへの思いなども交えながら、この1年を振り返っていただきました。

この半年だけではなくて、特にここ2年が激動でしたね。2022年にオーストラリアから帰ってくる時点で、サッカーもやめようと思っていたので、まさか自分が育った場所で所属していたチームが、さあここから力入れてJを目指そうっていうところに加われるとも思ってもなかったですよね。側で見ていたら、練習場やスタジアムなどハード面でもどんどん大きくなり、J1仕様になっていくなど変化が大きくて。ゼルビアからオファーをいただいてプレーしたこの1年半を振り返ると、最初の半年は僕自身もチームになかなか貢献できず、せっかくの地元で爪痕を残したくても何もできずに、あっという間に終わってしまったという苦しい時期でした。次のシーズンで、黒田剛監督という強烈な指導者・監督のもとでプレーした1年間は結果もついてきて、ものすごく充実しましたね。もちろん、練習も厳しかったし大変なことも多かったですけど、本当に最高の結果を出せて、これまでの努力が報われた1年。最後のシーズンが結果的に最高なものになりました。

結果が全てのこの世界で、いろんなプレッシャーがある中でも結果を残し続ける、ゼルビアの選手やスタッフたちをとても誇りに思いますし、プレーヤーとして迎えてくれ、そして引退後もアンバサダーとしてクラブと関わることができるっていうのは、数年前には全く想像できなかった未来です。愛着のあるクラブで、いろんな関わり方ができていることが今はすごく幸せなことで、不思議な縁すら感じます。自分の地元でいい形で引退できる選手って、これまでのJリーグを見ても、ほぼいないに等しいと思うんですよね。僕ぐらいの年齢になるとサッカーに限らずですが、だんだんと行き場がなくて引退するっていうことが多いわけですから。この前も国立競技場で試合を見に行ったときにも監督やスタッフたちから、 “まだ宏介の枠取ってあるからいつでも戻って来いよ”なんて言ってくれるくらい、引退してもなおいい関係性を現場のトップの人たちと保てるってこと自体、すごくハッピーだなって思います。

これまでたくさんの人の支えがあって、素晴らしいキャリアを築かせてもらいましたから、今度はもっとゼルビアが市民にとって誇らしいクラブになれるように、育った町田や、町田の子どもたちのためにも、町田市の行政の方たちや、企業や地域との関係を強化する部分を担えたらいいなという思いでいます。引退後はなんでも挑戦するという気持ちでいて、アンバサダーのお仕事をはじめサッカー番組への出演や、解説のお仕事もたくさんいただいてありがたい限りです。今日もこのあと夜11時から1時まで日本代表の解説(4月25日が取材日。U-23日本代表の試合の解説を担当)して、その後、朝4時から6時の欧州サッカーの解説。メディアに出るときは、ゼルビアのエンブレムバッジをつけて出てますよ。ゼルビア のこうした宣伝担当は僕が初めてなので頑張ります(笑)。ありがたいことに忙しくさせてもらっていて、こんなセカンドキャリアを楽しく過ごしている元Jリーガーはあんまりないと思うんですよ(笑)。

“ゼルつく”(FC町田ゼルビア応援番組“ゼルビアをつくろう”Abemaにて放映中)にも出演していますが、こういう応援番組があることは、ゼルビアにとって、一番の強みだと思います。番組きっかけでゼルビアやサッカーが好きになったり、選手の名前やキャラクターをもっと知ってもらえて、新しいファンが増えてくれたら嬉しいですよね。サッカーを全く知らない人にも興味を持ってもらうには、やっぱり、選手自身もどんどん自分で動いて、きっかけを作らなきゃいけないですから。現役のうちに自分のマネジメントをすることは、サッカー選手のセカンドキャリアの問題にもつながることなので、将来設計について講演とか開いたりして、後輩たちに貢献できたらいいなと思いますね。もうやることがいっぱいあります!

ゴールデンウィークは野津田でお祭り!
まちだ感謝祭にG O!

もっともっと、野津田を盛り上げたいですよね。1年前に比べたら圧倒的に、アクセスしやすく、楽しめる空間に変わってきてますし、ローカルなスタジアムでのんびりできるのでとっても気持ちいいですよ。1年前のゴールデンウィークとは全く違う状況で、今やJ1にいて、しかも上位を争う順位にいますから! チームの存在は知っているけど、まだ見たことないっていう人がたくさんいると思うので、試合はもちろん、試合時にはイベントもたくさん開催しているのでお祭りに行くような感覚で、足を運んでいただけたら嬉しいなって思います。去年のパレードを経験させてもらって、やっぱりスポーツの力ってすごいなって実感したので、これからもっといろんな仕掛けをして、たくさんの方にきていただきたいですね。まちだ感謝祭が、一つの大きなきっかけになればいいなって思っています。お待ちしています!


PROFILE
      おおたこうすけ・1987年町田市生まれ。2006年に麻布大付属淵野辺高校から横浜FCに。国内外のチームを経て、プロ17シーズン目を迎えた2022年、FC町田ゼルビアに加入。2023年に現役引退後は、チームのアンバサダーとして宣伝担当に就任。サッカー番組への出演や、解説、サッカー教室などのイベントなど、幅広く活躍中。

@kosuke_ota_official
@kosuke444
5月3日は「まちだ感謝祭」の日!
F C町田ゼルビアが、クラブ一丸となって町田市民やファン、サポーターへ感謝とクラブの魅力を強く感じてもらいたい!という親子も楽しめるイベントが開かれます。当日は柏レイソルとの試合があり、試合までの間もさまざまなアクティビティがあります。


マスコットも大集合!
ゲームやプレゼントもあって
親子で楽しめる!
レーザーが出る銃で戦う『シューティングMAX』や謎解き宝探し『ゼルクエ』をはじめ当日は親子で参加し楽しめるイベントが盛りだくさん! ゼルビーくんをはじめ、マスコットも大集合。先着7000名の方に応援うちわのプレゼントも。当日は11:30 から各ブースがオープンしています。ぜひお出かけくださいね!


シューティングMAX
シューティングゲームをPRする
荒木駿太選手(左)と谷晃生選手(右)。
安全なレーザーガンを使って、仲間や親子の絆で敵と戦っていく、リアルシューティングゲーム!3歳のお子様から参加可能です。


ゼルビア クエストⅦ
暗号の書に書かれた謎を元に「天空の城 野津田」の周りを練り歩き、暗号を解いてクリアを目指す謎解きイベントです。ゼルビーの“宝物”を探せ!


Jリーグ×ブルーロック
チケットケースプレゼント
大人気アニメ「ブルーロック」の映画公開を記念して、Jリーグとコラボしたチケットケースをプレゼント。


■試合日程
第11節 5月3日(金・祝) 15:00キックオフ vs柏レイソル 町田GIONスタジアム

まちだ感謝祭
https://www.zelvia.co.jp/news/news-260920/
SHARE